レコーディングDay4

昨日、レコーディング年明け一発目でした。
いつもどおり、ライブハウス火影で機材を広げます。

今回で8曲の演奏が無事終了。
着々とアルバム完成に近づいています。
アルバムリリースは4月17日。
そして、リリースパーティーも火影でやります!

フライヤーも今月末には刷り上がりますので、メンバーが周辺のライブハウスでガンガン配布します!
ぜひ受け取ってください。

前2作は同じスタジオ、同じエンジニアで録音してきました。
たまたまライブを観てもらったエンジニアと意気投合して、そのまま録音まで進めた4th、そしてライブをやりながら曲を録り進め、まとめてリリースしたのが5th。
そして今回、少し環境を変えて録音することになり、選ばれたのがライブハウス。
お世話になっている心斎橋の火影で、SKYの音をよく知ってくれているエンジニアとともに、録音することになりました。

今回の録音もあと一息となって、メンバー的には嬉しいような寂しいような、複雑な心境のようです。
あと少し、今のSKYの音をしっかりと刻んでまとめていきます。

レコーディング進行中

来春のニューアルバムに向けたレコーディングのday2、無事終了しました。
いつもライブをやってる空間で、また違った熱量を持ってレコーディングが進みます。
まだ半分未満というところですが、アルバムのフレームが着々とでき始めています。
4thアルバム「THE LONG GOODBYE」、そして前作「LONG WAY HOME」に続くアルバムのタイトルは「LONG TIME NO SEE」。
「LONG3部作」として手がけた作品の最後になります。
サヨナラと手を振って旅立ち、旅路を経て長い家路につき、
辿り着いたら「久しぶり」と声をかける。
そんなストーリーを感じながら、アルバムを楽しんでもらえたらと思っています。
リリース予定は2023年4月。
情報がそろい次第、こちらやSNS等で等で公開していきます。
5月にはレコーディングしている心斎橋の火影でレコ発も予定しています。
そしてその後は、東京や名古屋をはじめ、各地にアルバムを届けに行きます!
お楽しみに!

アルバム情報&6/25レコ発

いよいよアルバムのミックスも大詰め、本日で音源のマスタリングまで終了です!そして、ジャケットデザインも着々と進んでます!

2020年3月から3回に渡って録音した曲たちを一つのアルバムにまとめる作業はとてもエキサイティングで面白すぎる体験でしたが、曲の繋がりを考えて曲順を決めたり、全体的に「統一感」と「カラフル」のバランスをとったりと、苦労する部分もありました。
楽曲がデータになって、切り売りどころかバラバラで聴き放題な今、アルバム単位で曲を捉えること自体が時代遅れなのかもしれませんが、やっぱり丁寧に箱に詰めるように、想いを込めて仕上げていくのはミュージシャン冥利に尽きます。
1日も早く、皆さんにお届けしたい!

ニューアルバム「LONG WAY HOME」のリリースは2021年6月9日。
ロックの日です!
そして近日中には先行予約できるサイトをオープンさせたいと思っているんですが、ご予約いただいた方にプレゼントを考えています。
そう、前回のアルバムに引き続き、ソングタイトルバッジを準備中です!

アルバムは9曲収録予定ですが、それぞれの曲名をモチーフにしたカラフルな9種の缶バッジをデザイン中。
お楽しみに!

そしてそして!
6/25(金)の心斎橋火影でのレコ発ライブ、一緒に盛り上げてくれるバンドが決まりました!
バビロンブレイカーズ!
stone harvest!
どちらも何度も共演している盟友です!
前回のアルバム「THE LONG GOODBYE」を録音する大きなきっかけになったのが2018年6月9日、ロックの日。初めて大阪緑橋の戦国大統領でのライブの機会を作ってくれたのがバビロンブレイカーズでした。爆音で演奏したその場にお客さんとしていてくれたのが前回と今回のレコーディングエンジニアを務めてくれている豊田氏。その日が縁で、それ以来の録音は常に彼に関わってもらっています。
そんな彼のバンドと2019年の11月、そして2020年の11月に一緒に演らせてもらって、今回再度の共演が決まりました。

SKYにとってそんな大きな意味を持つロックの日。3年を経た今年、その日に大きな楔を打って、まだまだ先を目指します。
レコ発ライブの時間など詳細は今しばらくお待ちください。

2021-2022

こんな状況下でなかなかライブやれない中、緩やかに年明けを迎えて、もう1ヶ月が過ぎました。
SKY史上最多の15本のライブを敢行した2019年とは打って変わって、ライブ本数がわずか4本だった2020年。書き溜めた曲を録音したり、新しい曲を作っては録音したりと、これはこれで充実した1年でした。

そして迎えた2021年。1月の練習後のミーティングで、毎年恒例の「今年は何やろうか?」という話題に。いろいろと盛り上がった結果、2022年の年末までの2年間でテンポよく音源リリースしたりライブやってりしていこう、ということに。
とりあえずは、さらに数曲録音した上で、新しい音源を数ヶ月以内に出そうということに。

ということで、また楽しくも忙しい日々の始まりです。

新曲リリース

お待たせしました、新曲です!
8月に4曲レコーディングしましたが、その内の1曲、「Get Back」をレコーディング風景とともに動画にまとめました。

スタジオ246の動画コンテスト、「音楽の森 動画フェスティバル」にもエントリーしています。9/14から投票可能ですので、あらためてアナウンスします。

レコーディング2020

3/14に前回のアルバムをレコーディングした十三のスタジオ246にて、前回もお願いしたエンジニア豐田氏とともに既存曲を録音しました。
今回は音源リリースが控えている訳ではないですが、続々と新曲ができている中、昨年作った曲を記録するためにレコーディング。
録音したのは、昨年4月に神戸のVARITでの演奏をイメージして作ったファンキーでキャッチーな「beautiful boy」、続いて5月に京都ウーララでの演奏をイメージして作ったビートの効いた切ないナンバー「いいユメみてね」、そして6月の心斎橋火影での演奏をイメージして作ったヘビーで疾走感のある「火影」の3曲に加えて、アコースティックライブ用にウエムラが書き下ろし、8月のepiceで初披露した「とばり」を録音。
慣れた現場で気心の知れたエンジニアということもあり、テンポよくレコーディングが進んだので、何かやろうということになり、空き時間でウエムラが作った曲をエンジニアの豊田氏(ギタリスト)と一緒に録音しようということに!
慌てて歌詞を書き上げたカミナグチ、瞬時にフレーズを組み立てたリズム隊ももちろんすごいんですが、突然の申し入れに緊張しながらも華を添えてくれた豊田氏に感謝!
独特の緊張感の中、リハ含め3テイクで無事終了!
時間通りにスタジオを出る気持ちのいい1日でした。
ダイジェスト動画をアップしましたので、音はラフミックスですが今のSKYを感じてください。

そして春を前に、新曲も続々と芽吹いてます。
次回のライブは4月2日の火影!
大阪のライブハウスには足を運びにくいご時世ですが、衣笠キンパラスのアルバムリリースをみんなでお祝いしましょう!