2021-2022

こんな状況下でなかなかライブやれない中、緩やかに年明けを迎えて、もう1ヶ月が過ぎました。
SKY史上最多の15本のライブを敢行した2019年とは打って変わって、ライブ本数がわずか4本だった2020年。書き溜めた曲を録音したり、新しい曲を作っては録音したりと、これはこれで充実した1年でした。

そして迎えた2021年。1月の練習後のミーティングで、毎年恒例の「今年は何やろうか?」という話題に。いろいろと盛り上がった結果、2022年の年末までの2年間でテンポよく音源リリースしたりライブやってりしていこう、ということに。
とりあえずは、さらに数曲録音した上で、新しい音源を数ヶ月以内に出そうということに。

ということで、また楽しくも忙しい日々の始まりです。

新曲リリース

お待たせしました、新曲です!
8月に4曲レコーディングしましたが、その内の1曲、「Get Back」をレコーディング風景とともに動画にまとめました。

スタジオ246の動画コンテスト、「音楽の森 動画フェスティバル」にもエントリーしています。9/14から投票可能ですので、あらためてアナウンスします。

レコーディング2020

3/14に前回のアルバムをレコーディングした十三のスタジオ246にて、前回もお願いしたエンジニア豐田氏とともに既存曲を録音しました。
今回は音源リリースが控えている訳ではないですが、続々と新曲ができている中、昨年作った曲を記録するためにレコーディング。
録音したのは、昨年4月に神戸のVARITでの演奏をイメージして作ったファンキーでキャッチーな「beautiful boy」、続いて5月に京都ウーララでの演奏をイメージして作ったビートの効いた切ないナンバー「いいユメみてね」、そして6月の心斎橋火影での演奏をイメージして作ったヘビーで疾走感のある「火影」の3曲に加えて、アコースティックライブ用にウエムラが書き下ろし、8月のepiceで初披露した「とばり」を録音。
慣れた現場で気心の知れたエンジニアということもあり、テンポよくレコーディングが進んだので、何かやろうということになり、空き時間でウエムラが作った曲をエンジニアの豊田氏(ギタリスト)と一緒に録音しようということに!
慌てて歌詞を書き上げたカミナグチ、瞬時にフレーズを組み立てたリズム隊ももちろんすごいんですが、突然の申し入れに緊張しながらも華を添えてくれた豊田氏に感謝!
独特の緊張感の中、リハ含め3テイクで無事終了!
時間通りにスタジオを出る気持ちのいい1日でした。
ダイジェスト動画をアップしましたので、音はラフミックスですが今のSKYを感じてください。

そして春を前に、新曲も続々と芽吹いてます。
次回のライブは4月2日の火影!
大阪のライブハウスには足を運びにくいご時世ですが、衣笠キンパラスのアルバムリリースをみんなでお祝いしましょう!